So-net無料ブログ作成

有酸素運動って体脂肪燃焼に有効なの? [理論とか]

有酸素運動でダイエットとか有酸素運動じゃないと脂肪が燃えないとか良く聞きますね。
どうしてでしょう?

それは有酸素運動が体内の糖質や脂肪を酸素とともに消費するからだと思われます。

有酸素運動の対極が無酸素運動になりますが、こちらは酸素を使わずに糖質を用いた運動になります。
ですから体脂肪を燃焼?減少させたければ有酸素運動を行いましょうって言われます。
ジムでも言われますし、ネットやTVでも盛んに言われています。
実際、僕もジムに入会した時に20分以上の有酸素運動を~ 見たいな事を言われましたが・・・
インストラクターをギロっと見たら言わなくなりました・・・

そのほかにも体脂肪は有酸素運動開始後20分ぐらいから燃焼されるとか・・・

速く走るよりゆっくり走った方が体脂肪燃焼に効果的とか・・・

本当でしょうか?

そもそもなにも運動していない状態でも脂肪と糖質を50対50ぐらいの割合で消費しています。
別に有酸素運動を開始してから20分後(最近は10分とか短くなってきている)から脂肪を消費するわけではありません。

ハアハア言っちゃうよりも会話できるぐらいのスピードで走った方が脂肪が燃えるってのもおかしな話ですよね。
じゃあ会話するようなスピードよりも歩いた方がよくて、歩くよりも寝てた方が脂肪を消費しませんか?

これはただ単にハアハア言っちゃうスピードで長く運動を継続することが出来ないからでしょう。
同じ1時間運動するなら強度が高い方が消費が多くなければおかしいですよね。

無酸素運動は脂肪を消費しないから脂肪を減らしたかったら有酸素運動をしましょうってのもなんかおかしな話なんですよね。

たしかに、無酸素運動って脂肪を消費しませんけど、無酸素運動って最大40秒ぐらいしか継続出来ないんですよ。
インターバルとっている時は有酸素運動ですよね。 ハアハア言ってますから。

それに無酸素運動終了後は安静時のカロリー消費が高くなります。
それに対して有酸素運動は運動終了後に安静時のカロリー消費が高くなる事はありません。

したがって1時間ジョギングをするよりも1時間ウエイトトレーニングをした方が1日トータルで考えると脂肪の消費が高くなるのです。

ちなみに有酸素運動では動くのが下半身に集中してしまうので、下半身の筋肉の減少が少なく上半身の筋肉の減少が大きくなります。
ですから、足が太くて胸が削れると言う最悪な状態になりやすくなります。まあ突き抜ければ下半身も細くなるのでガリガリになれますが・・・

男性も女性も早く・カッコよく痩せたかったら、食事制限+筋トレが早道って事ですね。

と言う事で僕も、食事制限+筋トレでもう少し減量します。

次はプロテインってなに?にします。

最近D●Cのプロテインダイエットとかマイク●ダイエットとかはやってるんで・・・

いまだに筋肉増強剤と思ってる人もいるし・・・

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。